artisanaleの原点。

2019.11.11

今日はいつもと趣向を変えてちょっと洋服のお話し。

 

この4つの白い糸がある洋服と言えば・・・・・・・。

そうです、Martin Margielaです。惜しくも2008年でmargielaはファッション界から引退してしまいましたが、2014年からジョン・ガリアーノがデザイナーを務めていてそれからは「Maison Margiela」にブランド名を変更しています。

セールス的にはガリアーノになってからは好調みたいですね。ガリアーノのmargielaも好きですが個人的には2008年までの所謂、「本人期」のデザインが好きかな。

 

で、うちのSalonの名前は「artisanale」(アーティザナル)っていうんですが、このartisanaleの名前を取らせて頂いたのが今日のお話しになっているmargielaからなんです。

 

margielaの中でも、パリの工房で老若男女、色々な国籍の職人達が生み出している特別なラインがartisanaleラインと位置づけられています。

 

私達もそんな誇り高い「職人達」になりたくて2011年のSalon設立からこの名前を付けさせて頂きました。

 

「margielaの何が好きなんですかー?」とか聞かれる事がありますが、「好きだから好きなんだよ!」って答えてますw

 

好きになる理由なんて沢山有りますが!そんなのいちいち答えてたらただのウンチク好きになっちゃうからねー!

考えるな、感じろって事だね。

 

そんなこんなでつらつら書いてますが。

ずっとうちのartisanaleに飾るmargielaのアイテムを探していて。LAILATOKIOとか探しに行ったりしましたがあまりに高額過ぎて。

margielaの中でもアイコニックなアイテムが沢山あるのですがペンキデニムとか。そこだったらまだ手が出るかなーとか思ってたんですが先々月ぐらいだったかな!?

出会いは突然でした・・・。

 

しかもyoutubeの画面の中で。

 

アニ散歩ってyoutubeの僕には凄くツボな番組?があって。よく通ってたvintageShopを紹介されてて。

そこで千葉市にあるandanteandante(アンダンテアンダンテ)さんの回の時にチラっと!!

そこでチラっとスペシャルなこの子が紹介されて!もう居ても立っても居られなくてすぐにオーナーのS藤君に連絡して。

 

初めはあんまり売る気がなかったS藤君でしたが、僕のもうアピールと洋服として使用するのではなく、うちのSalonの「アイコン」として飾りたい旨を熱くプレゼンして縁があって、本日僕の元へお嫁に来てくれました。

 

そのアイテムがこちら。

 

(注)画像はS藤君から拝借しました。

 

そう!!フランス軍の傑作M47を再構築したmargielaのアイテムです!!!!!!!!!

 

昨今の47の価格の高騰は目を見張るものがありますが・・・。この前のアンダンテの47の入荷日もオープン前から並びが出るぐらい今や47祭りと言っても過言ではないですね。

 

その47をメジャーにしたのは何を隠そうこのMartin margielaだからね!

後にも先にもデザイナーで、コレクションのショーで古着(M47)を裏返しにしてランウェイを歩かせたのがmargielaだから!!

 

その本家本元が47の古着を再構築したアイテムだってんだからそら興奮するよ!!ヤバい、ヤバい!!

 

興味ない人は全く興味ないと思うけど。

 

あの当時の空気をはらんだアイテムなんだよー、分かってくれよー!俺もあの頃のパリに行ってみてーよ!!

(因みに初めに働いたサロンのオーナーはルネ・マルタンってフランス人だったんだけど。英語で⁈「Do you like margiela⁈」って聞いたら一言「NON。」って言われたけどねー!)

 

とにかく抱いて寝れるやつ。うそうそ、そりゃ大切に保管させて頂きますよ、額装するまでは。

 

額はやっぱり白ペンキでやっちゃうかなーwww

 

 

S藤君、今日はお休みなのにわざわざ時間作ってくれて有難う御座いました。

そしてこの度は良いご縁を有難う御座いました。(なんだかコーディネートが被ってちょっと恥ずかしいですね。)

これからも色々な出会いをよろしくお願い致します。

 

皆様も千葉市に行った際は是非、andanteandanteへ。本当に良いお店です。

 

 

僕は服だったり車だったり家具だったり建築だったりマンガだったり映画だったり音楽だったり好きなものが多いけど!(勿論、ヘアカットもね!)

 

 

別になんだって良いと思うんだけど「これが好き!」って人に言えるものがあると人生にハリが出ると思います。その方が色々な人達とコミュケーション取れるしね。

仕事もそうね、「これで良い」じゃなくて「これが良い」ってやってくと人生楽しいかも。僕の最近の「選択」の基準です。(うちのスタッフの国本に教えて貰った言葉w)

 

 

ではまた来週!!

 

 

 

 

Categories|Blog

カラー講習無事終了。

2019.11.04

昨日の夜は全体報告会の後につくば市東新井にあるGigiOsteriaさんの二周年イベントに顔出させて頂きました。

私が行った時間はほぼほぼ終了していましたがGigi西田君の粋な計らいで終了間際の忙しい時にも関わらずスペシャルなパスタ作って頂きました。

なんとトリュフとスッポン!!のパスタ!!こんなの初めて食べました。スッポン自体、人生初。

素敵な時間を有難う御座いました。西田君二周年おめでとう!!

皆様もお時間あれば是非!Gigiに足を運んでみて。今まではディナーだけだったのがなんとランチスタートするとか!!

 

そして先週の火曜日に二回目のカラーの授業をさせて頂きました。

今回はこのメンバーにて。(大塚写ってないな。)

二回目はウィッグではなく実践形式で。6グループに分かれてみんなでカラーを決めて、みんなで染めていきます。

生徒さん達としっかりコミュニケーションを取りながら丁寧に。

授業も勿論ですが、うちのスタッフ達の意外な一面も見れて(面倒見が良かったり、教え方が上手だったり)とても良かったです。

そのスタッフ達の頑張りが授業後に生徒のみんなに書いてもらったアンケートに現れていました。

「カラー講習の日を待ちわびていたくらいでした。」って!!嬉しいですねー!

全部目を通させて頂きましたがとにかく「楽しかった!」って言葉が溢れていて本当に良かったです。

私達も初めての試みだったので至らない点が多々あって、WELLAの鈴木さん、阿部さん、ガモウ長塚さん、松本さん、そしてTBC五月女先生にとても助けて頂きました。本当に有難う御座いました。

 

今回の反省会を開いて、次回をもっと充実した授業になるよう努力しますのでまた来年もよろしくお願い致します!!

 

それで私はというと・・・

勿論、教えてるグループの周りをウロウロしながらスタッフの邪魔をしないようにやっていたのですがどちらかというと私の役目は「最初」と「最後」の締めだと捉えて生徒さんに「何が伝えられるのか」を考えていました。技術的な事よりも仕事のフィロソフィー的な。

 

そして最後の挨拶の時に5分ほど時間を頂いて語らせて頂きました。

みんなにはもっと伝えたい事あるんだけどねー!!

あんまり長々話しても伝わらなかったら意味ないからめっちゃ短く話したけどもっと話したかったなー

で、話した内容をちょっと。

 

ってブログで書こうと思ったけど自分あんまり文才ないからまとまらなさそうなので止めときます!笑

聞きたい方はサロンにご来店された際にでも!(聞きたかったらで大丈夫です)

 

とにかこれから美容師になるまで、なってからも「大変」な事が沢山あると思う。

 

ただ、「大変」って一字ずつ読むと「大きく」「変わる」って読める。

だから何が言いたいかって、自分が「大変、大変!」って言ってる時こそ自分自身が「大きく変わってる!」って事。

 

それでこれからちょっと大変な時や辛い時はこの言葉を思い出して(俺の事もw)クスッと笑ってまた頑張れれば良いよね。

あー、あの授業の最後になんかあの人熱く語ってたなーってね。

 

私もこの言葉に何度救われたか。言葉って本当に大事。その言葉に出会うタイミングとかその時はピンとこなくても、「あー、あの時言ってた事ってこういう事だったんだなー」とか有るじゃないですか。

 

みんなには本当に良い美容師になって貰いたいから。出来たらずっと続けてみんなでもっと良い業界にしていきたいから。

 

だからこの言葉を授業の最後に贈らせて頂きました。響いたどうかは全く分かりませんが!!

 

帰りの車の中で最後のスピーチがスタッフ達には絶賛されたので良しとします笑

 

このブログを読んで頂いてる方々にも!

「大変」な時こそ「大きく」「変わってる」です。

 

みんなで頑張っていきましょう!!もう年末ですし!!

 

年末。

冬。

アウター。

首周り。

タートル。

ストール。

スッキリ。

ときたら

ショートかな!!

やっぱりボブとショートのスタイルが好きです!!

私のお客様のスタイルです。

ショートやボブのスタイルでもちょっとフレンチなエスプリ効いてるスタイルが好き。

 

大人はフロントルックも大事だけど、サイドからの首周りが大切ですよ。それだけで「品」が違います。

ではまたー

 

 

 

Categories|NAOKI Yocouchi

ページの上部へ戻る