シャンプーの歴史。

2014.04.13

おはようございます!

スタイリストの中山です。

この間から朝礼にて

「髪の話」というテーマで

担当な方がトークをしていくのですが

昨日は

この方の話

20140413-073047.jpg

ハイトーンカラーが

なじんできた関口くんです。

昔のシャンプーの話がとても

面白かったので私も調べてみました。

平安時代にさかのぼりますが、

女性は長い髪を洗うのに毎日

お風呂に入っていたかというと

そうではありません。

通常のヘアケアは、お米のとぎ汁など

を髪につけて櫛で梳くといった

ものです。

色々な説がありますが、この頃の

洗髪(シャンプー)は1年に1回程度

だったそうで、髪が洗えない日は

お香の香りを髪にまとわせて

いたのそうです。

今の時代のようにドライヤーなど

無いので、お風呂に入っても

髪の毛を乾かすのにかなりの

時間がかかるので、女性には

2日間の「洗髪休暇」なんていう

ものもあったほど、この頃の女性の

洗髪には時間がかかるということ

ですね。

洗髪休暇……

知らなかった。

確かに

1年に1回のシャンプーは

大仕事だったのかも

しれませんね!!

現代でやったら異臭騒ぎに

なるかもしれませんので

真似しないようにしましょう! 笑

では!!

4月のご予約は比較的に

お取りしやすい状況ですので

お電話にて

ご確認ください!!

Categories|Blog

ページの上部へ戻る