読者の秋シリーズ。

2012.10.15

こんばんは!

アーティザナルの中山です。

朝晩もかなり涼しくなり

季節の変わりを感じる今日この頃…

秋といえば……

読者の秋! という事で

何回かシリーズでのご紹介です。

まずはこちら!!

20121015-003352.jpg

「100の基本

松浦弥太郎のベーシックノート」

松浦弥太郎が自分の基本として書き出し普段から意識している100の項目。
『100の基本』は、自分を知るために、自分について考えるために、
自分を整理するために、自分の成長のために、自分の学びのために、
そして自分らしくいるために、しっかりと身につけておきたい基本の心がけです。
後半は、経営する書店『COW BOOKS』のスタッフと共有している100のルール。

ややもすると自分が揺らぎ、不安になる現代こそ、
自身の、そして家族や会社で共有する『100の基本』を作って、人生の地図にしましょう!

004過去についてうそをつかない。013小さい約束ほど大切にする。021思いやりではなく想像力。
033指先と手を常に清潔に。043ここぞ、という時に照れない勇気。058二週間に一度、髪を切る。
063ただのものには近寄らない。072考えや思い、アイデアは、紙に書く。088いつも15分前。
093 敗者になっても弱者になるな。100自分の基本の更新を常に行う。

(COW BOOKSの『基本の100』より)
005朝は必ずシャワーを浴びて清潔に。021ゴミをためない。035本棚を見ているお客様の前を決して横切らない。
046 COW BOOKSの店員としての自覚を店の外でも持つ。062どんなに忙しくても、不機嫌になって仕事をしない。074連絡、報告、相談を決して怠らない。
082健康管理が一番の仕事。100自分ではなく、自分以外の人がどうしたら喜んでくれるかをいつも考える。

とても勉強になります。

日々の暮らしをどう考えて

生活するかで人としての深さが

変わります。

惰性は怖いものです……

「考える」っていう作業

いつもやっているようにみえて

意外にそうでもないんですよね。

表面的な部分だけたったり

その奥の本質的な部分にまでは

ピントをあわせないというか

思考をストップさせてしまう。

例えば、スタッフがお客様を

カットしているのを見ている時

「早いなぁー」

「うまいなぁー」

だけしか思わない人と

「なんで、あのスタイルを

自分はカワイイと思ったのか」

「前髪の作り方どう

切ってるんだろう」

とか、自分がそのお客様を

担当しているかのような

当事者意識をもつ後者

は確実にただ見ているだけの

前者よりお客様から支持を

得る事になるでしょう。

何事も考え方で

だいだい決まりますよね。

「なんでだろう」って常に

思っていたいですね。

という事で……

次回の読書の秋シリーズは

こちら!!

20121015-005940.jpg

乞うご期待!!

Categories|Blog

ページの上部へ戻る