四季とヘアスタイル

2017.04.05

美容室でいうところ、1月、2月に比べて3月は繁忙期になる

それは卒業式や入学式などのイベントがあるのは勿論

それ以上に季節が大いに関係してくると思います

少しずつアウターを脱いだり、マフラーを外したり、

 

ファッションが変わるから

薄着になった時、今まで気づかなかった髪の重さに気づき、髪を切りたくなるから

 

 

それが3.4.5月の春にヘアチェンジをしたくなる心理なのかと思います

髪のレングスを短く、軽くする、ヘアカラーを明るくする、パーマをかける、、
色々な方法はあります

お客様はロングだったのをレングスを変え、首を見せてチェンジしました

彼女は直毛なのでパーマを提案し髪が柔らかくなるようにしました

直毛の方はどうしても重くなりやすい髪なのでパーマが最善だと、、

パーマでこの時期を楽しんでもらえたらなと思いました

これから梅雨や夏に向けて、湿気や紫外線に向けた対策、準備が必要になってくると思います

そのためアーティザナルでは次回予約を推進しています
お客様それぞれライフスタイルは異なると思います

お客様の役に立てるように、自分もたくさんのヘアスタイルを準備してお待ちしております

アーティザナル野村

Categories|HIROAKI Nomura

ヘアスタイルと音楽

2017.01.30

Miles Davisのso whatの曲からインスパイアして作った作品





自分の好きな音楽と美容を一緒にできないかと思い始めました

最初はJazzをテーマに

Jazz
と言ってもカテゴリーが多く、でもその中でもCool Jazzというジャンルに決めました
理由はアメリカの世界恐慌の時代、甘い明るい音楽が求められていた中、Swing Jazzが生まれた

その後20年以上続くが、その反動で控えめで抑制を抑えた新しいジャンル、Cool Jazzが誕生する

その創始者と言われるMiles davis
その代表作so what

ビックバンドに比べ楽器編成や音楽構成が緻密に感じる

何か本質さと洗練さを感じ決めました

今回作品を作るのに色々歴史や背景や音楽を何回も聴いたりしました

それをどうヘアスタイルに落とし込むのが一番難しかった

最終的には曲を聴いて、風景や空間をイメージして、決めました


深夜のジャズ酒場で女性が新しい音楽を求めて、カウンターでタバコの煙が立ち込める中、酒をオーダーしている場面が浮かびました

その女性は流行りのダンシングするSwing Jazzに懲り懲りで、どこか洗練されたゆっくり音楽に浸りたい気持ちで現れた女性

なのでクラブをハシゴしてきた体です

なので髪もフィンガーウェーブが多少乱れた雰囲気にしました
1958年なのでモノクロで、

ちなみにフィンガーウェーブもこの時代ぐらいに流行が終わります

今の日本の音楽シーンも純粋に本質を求められる時代に変化するのではないかと感じ、こんな女性がいたら素敵だなと思います

おもしろかったです
またやろうと思いました

完全に自己満ですが、、

少しジャズとフィンガーウェーブに詳しくなりました

パーティーや着物などでもフィンガーウェーブしたら絶対モテそうですね

是非!!

  • hair-野村  make-鈴木  
  • 設営&編集-星川  
  • 企画-野村

アーティザナル野村

Categories|HIROAKI Nomura

ちゃんとやる

2017.01.19

先日30歳になった

美容師を始めて10年

仕事の悩みや、将来の悩みなんかも変化してきた
身体は元気だ、体力もまだある
ただ酔いが早くなった、

後、変わらないものが美容が好きという事は変化していない
むしろ好き具合が増している
お客様の喜び顔見ると、僕は顔には見せてないが心では嬉しくて叫んでるぐらいたまらないのだ

平静を装っているが、

もっと喜んでもらいから努力しようと!
多分、永遠にこのルーティンが続くと思う

趣味と仕事の違いが最近わかる気がしてきた
人から求められなければいけないのだろうか、、仕事はちゃんと

30代

仕事を探求していきたい

アーティザナル野村

Categories|HIROAKI Nomura

独り言

2016.12.27

休みの束の間の朝

今は喫茶店にて、今年の反省、来年の企みを考えている
サニーデイサービス聴きながら外は晴天で、気持ち良くてダンスしたいくらいだ、、できないけど、

今年は美容師という仕事がより好きになり、やり甲斐を感じる一年だった

それはまわりのスタッフやお店や支えてくださるお客様のお陰です

 本当にありがとうございました

当たり前じゃないです

この状況が

生かしてもらっている立場で

成長しなくちゃいけない

もっと美容師として人間として求めらるようにする

アーティザナル

周りの美容室にしたら値段は確かに少し高いかもしれないが、お客様の髪だけでなく心も変えられる、仕事を提供しているつもりです

お客様の大事なお金、お客様の大事な時間を本気で応えていけるよう

偉そうな事言ってますが、これも全部自分に言ってます

響きます、長渕さん

アーティザナル野村

Categories|HIROAKI Nomura

美容師像

2016.12.11

休日の過ごし方の計画を立てたりする

最近はやたらやりたい事が多いからだ
本読みたいし、音楽聴きたいし、寝たいし、散歩したいし、歯医者にも行かなくちゃ行けないし、、

みんなも休日の貴重な時間を有意義に過ごされたいと思う

今日アーティザナルにストレートパーマのお客様がいらしました

約3時間

ものすごく有り難いのと同時に申し訳ない気持ちになる
休日の3時間、貴重ですよね、、

3時間あれば山梨ぐらいまで行ってぶどう狩りぐらいできちゃいますかね、、、わかんないすけど、

勿論ものすごく良いスタイルにするのは当たり前ですが

お客様がその3時間が楽しかった


と思ってもらいたい

楽しい話できて距離が縮まったとか、笑えたとか、疲れがとれたとか、悩み事話せたとか、いい仕事見れたとか、

ただ静かに過ごしたければ静かにしたいなりの楽しいがある

そのお客様が思う楽しかったを提供できなければ美容室に来るのが何か制約的になって逆に疲れに来てしまう気がする

だから良いスタイルを作って良い時間を提供できるようにしていく

本質的に思う理想の美容師像をストパーのお客様で思い出させて頂きました  

なので3時間その方に全力を注ぎました

偉そうに言ってしまいましたが、全部自分に言ってます

blog自体自分に記録するように書いてます

いい笑顔の斎藤

後ろはナタリー中山

アーティザナル野村

Categories|HIROAKI Nomura

ページの上部へ戻る