時間という生物を考える

2015.12.03

今僕はつくばにあるメモリーズというカフェにいる

  ここは家が近いという事もあるが、ロケーションがたまらないのだ

周りにお店なんてない、自然の中にある場所
  

もうテント張りたくなりますわ

駄目だけど、
ここで色々考え事や計画を企んだりしている

たまに自分と向き合わないとあっという間に過ぎてしまう

29歳になり時間の大切さを実感している
時間について

時間は人も動物も昆虫も平等

全世界を支配している、悔しい事に

本当に使い方次第で変化してくる
扱い方間違えると危険な生き物だ

今まで僕は時間に操られていた、追われていた

だから僕は時間割りをざっくり決める

休日午前は1人で外に出て仕事や遊びの事を考える

午後は公園にいく

  

あっ、これ僕のギター笑
季節を感じない生活は避けたい

夕方は音楽、読書1時間ずつ

多分皆様は窮屈だと思われるかもしれませんがこうでもしないとだらしない僕はやらないから

仕事の日はなるべくお店に一番最初か二番目ぐらいに入る

朝からバタバタが嫌なのでゆっくり準備したい

そうすると1日余裕をもてるし、時間を支配した気分になる

昨年夢で自分の死の場面を見た

しっかり場面を覚えていた83歳だった

ゴールはわかったので残り54

存分に存在感を残せるか

時間の裁き方で楽しさが変わるのかもしれない

セミが1週間で死ねのをわかっていて思いっきり鳴くように
しかしここのメモリーズはいつの間にか満員だ

しかも男は僕だけだ、、疎外感が半端ないので今日は出よう

ここの珈琲美味しいですよ

http://homepage2.nifty.com/memory-s/home_cafegallery/

月曜はおやすみだってさ

アーティザナル 野村

Categories|HIROAKI Nomura

ページの上部へ戻る