「垣根なんているの?」byアーティザナル星川

2019.03.14

夜の写真がちょっと上達してきました!

西大通りの街路樹

 

アーティザナル星川です!

 

 

記憶に残るお話ってなんかありますよね。

デザイン専門学校に通っていた時の、先生の授業で、

 

「日本だと映画の撮影現場は、俳優さんが一番偉い(尊敬される)けれど、海外では逆。

セットなどを作っている職人さんが尊敬されるんだよ。」

 

「セット、舞台など用意してくれる、裏方の仕事をしている職人さんがいなければ、自分達(俳優)は仕事が出来ない、だからとてもリスペクトしている。

結果職人さんがとても立場が強いらしいよ。だから君たちもそういう仕事をして行こう。」

 

18歳の頃の自分にはとても印象に残る話でした。

 

日本の美容室に例えると、どちらかというと、カットをしているスタイリストが花形(俳優)で、影で準備やシャンプーをしているアシスタントは裏方という感じが普通でしょう。

 

 

でも、やっぱり裏方がなければ、表舞台という概念はなくて、裏方の仕事もとても大切だと思っていつも仕事しています。

 

 

入社したての頃、社長も、

アシスタントはサロンの屋台骨」

 

 

と言ってたのを思い出します。

その言葉があったからアシスタント出来た!

 

 

 

でも、一番の理想は、

 

 

 

アシスタントとか、

スタイリストとか、

レセプションとか、

経理とか、

副店長とか、

店長とか、

社長とか、

 

 

仕事中は、そんな肩書きの垣根なんか無くて仕事出来たら最高で、最強だと思ってます!

(それぞれの立場の責任は大切だけど!)

 

 

「力は守る為に使えよ!」

って今週のマガジンの東京卍リベンジャーズ(漫画)に描いてあったし!!笑笑

 

 

(漫画にめっちゃ影響される!笑

東京卍リベンジャーズめちゃ面白い!笑)

 

 

力(立場、権力)は、

守る為に使わないとね。

ただの支配になっちゃうからね。

 

 

 

 

アーティザナル星川でした!

Categories|MINORU Hoshikawa

ページの上部へ戻る