#80.お世話になった場所

2015.11.23

最近毎朝アーティザナルの朝礼では、レセプション担当の氏家さんプレゼンの敬語についてのお勉強が行われています。

日本人でありながら、正しい日本語をきちんと使える人はなかなか少ないのではないでしょうか?

毎朝非常に勉強になります。

氏家さんありがとうございます。

私自身も18歳の頃、あぁこれから社会人かぁ。

と漠然と考えていた時に、

「あ。敬語が全然分からない!」

と思いきちんとした敬語が勉強できるところでアルバイトを始めました。

それが日本が世界に誇るカジュアルファッションブランド。

UNIQLO

それまで部活生活が長かった為、

「〜っす。」

とか。

「おーす!」

と言った言葉使いが通じた世界。

そんな言葉使いじゃ社会人なんて務まりませんよね。

あの頃あの場所でアルバイトができて本当に良かったと思います。
(場所は都内で、恐らく全国で1番売り上げが高かった店舗でした。)

お世話になった場所であるからか、今でもどんなことをやっているのか、いつも気になってチェックしています。

今日はその中でもやってみたかったことをやりに行きました。

それは。

20151123-221251.jpg

着なくなったUNIQLOの服を世界中に届けるというプロジェクト。

20151123-221407.jpg

UNIQLOの服を店員さんに渡すか、このBOXに入れるか。ただそれだけ。

非常に簡単で、誰でもできます。

皆様の家にもありませんか?

モノを買った責任として、モノを最後までどう扱うかも、責任のひとつではないかと思いました。

自分が毎日している仕事も誰かに繋がる仕事でありたいと切に思います。

今は、まだアシスタントです。

カットの練習中です。

カットができません。

でも自分にできること。
(シャンプー、マッサージ、ドライ、挨拶などなど。)

持っている技術で、少しでも喜んで頂けるように明日からまた頑張っていきたいと思います。

かれこれ10年前にお世話になったアルバイトしたことのある会社は、今でも私に何か教えてくれます。

一度繋がった関係はいつまでも、繋がっているだと感じた一日でした。

自分の勤めている会社。

Yocouchi & Co.株式会社も、
いつかそんな会社になれるように、その一端を担う社員でありたいと心から思います。

アーティザナル 星川

Categories|MINORU Hoshikawa

ページの上部へ戻る