カットの話

2017.01.17

こんにちは。
アーティザナル伊藤です。

1月も半ばを過ぎ正月休みのゆるさも抜けてきました。

今週は予約がとりやすいです!!
お待ちしております。予約は電話予約がオススメです!

029-869-9610

ネット予約はこちらから

最近営業後にお店でしている講習会でおもしろい講習がありました!

レセプションの氏家が担当した勉強会でグループディスカッションでテーマは

えんぴつを3万円で売るには

こういうテーマでディスカッションしました。なかなか深いテーマで普通のえんぴつをいかに3万円に見せれるか。3万円の価値を付けることが出来るか。そういう内容を考える講習でした。

グループで話していて、普段のサロンワークに通づる点も多く、なかなか内容の濃い話し合いになったのですが、この話し合いをしていてその物自体の説明の重要さ、価値をしっかりと伝える大切さにあらためて気付かされたのでなかなかサロンワーク中に話しきれない事を少し書こうと思います。

まずはカットについて。

自分がスタイルを創るうえで1番ベースにしていて大切にしている技術です。
最近はパーマも重要視していますがやはりスタイルの根幹になるカット。

これが一番大切ですね。

そのカットで自分がこだわっているところを少しずつ書いていこうと思います。

まずは仕上げのやりやすさ。

これすごく重要視しています。お客様がそんなに手入れをしなくてもスタイリングしやすいスタイルを創る事をとても大事にしていてそのスタイリングのしやすさに繋がるのがスタイルを創るうえで大切なベース作りです。

バッサリスタイルチェンジしたお客様。協力して頂きありがとうございました!

これ乾かした後にワックスですこし動きを整えただけです。

毛量や生えクセ、髪質などを考慮して切り方を変えていくのですが、形になりやすいスタイルは、ベースカットと言って形を作るカットがしっかりしています。

なのでスタイルの土台となるベースカット。すごく真剣に切っています。

サロンワーク中あまり話さないのですが、そこは集中している時で髪の毛の落ちる位置を見て、キレイにコーミングし、クセを見極めてハサミやレザーを入れる。そこにすごく集中しています。

毛先の質感をどうするか、ラインの出し方をどうするか、仕上がりをしっかりイメージしひと切りひと切り大切に切っています。
その1つ1つの作業をするが繋がり1つのスタイルになっていくのです。

なんの世界でも一緒ですが本当に基礎は大切でそれがあってからの応用で幅がどんどん広がっていくのです。

てな感じで普段のなかなか話せない自分のこだわりを少しずつ書いていこうと思います。

ご来店の際にお話しできれば良いのですが、そんなに時間も取れないのでちょっとずつ書いていきますね。

さて次回は何にしようか。

今週もお待ちしております!

こちらでもつぶやきみたいに書いています。見てみてください。
伊藤のtumblr

Categories|NAOKI Itou

ページの上部へ戻る