カットコンテスト当日。

2015.06.16

IMG_8452

 

今日は結論から書きます!!アーティザナル横内です!!

今日のカットコンテスト茨城大会にて、アーティザナル店長飯村が、見事!優勝しました!!!!!

 

正に快挙!!!凄い!!!!!

 

この写真の四人で、今年はコンテスト予選に挑んで、誰か一人でも入賞したら良いな!と話していた所での、優勝でしたので本当に自分の事のように嬉しいです!(私は入賞出来ませんでした!悔しい!!)

 

飯村さんの日頃に、緻密なカット技術が冴えわたったスタイルでしたね。(わけあって、そのスタイルは載せられませんが。)

 

四人で、アーティザナルオリジナルのTシャツで揃えて出場したので、これで誰もかすらなかったら、結構ダサい結果になるところだったので、本当に良かった~!!

 

いやはや、自分の事のように嬉しいです!!

 

そして、アーティザナルの伊藤と古内もよく頑張ったと思います。

得るものまた、一杯あったね~!!次、またやりましょう!!!

こうやって、サロンの先輩達がチャレンジしている姿、そして尚且つ結果をちゃんと出してくる姿は、後輩達にはきっと誇らしい事だと思うし、「次は、俺が!私が!!」ってなると思います(なると良いな!)。それは、サロン内でとても良い刺激になると思うし。

そうやって、アーティザナルとナタリーがどんどんチームとしての「層」が厚くなってくると、凄い事になりますね。

とりあえず、去年、今年とアーティザナルの名前が結果として刻まれましたので、来年も楽しみ!!

 

 

後、つくば大会に出場されていた茨城の美容師の方々、お疲れ様でした!!

この日の為に皆さん、日々練習に明け暮れていたと思います。

なので、皆さん良い表情されていましたね~。こうやって、出場する事自体が茨城の美容の活性化に繋がると思いました。

茨城の美容師のみんなでもっともっと、業界を盛り上げられたら素敵ですね。

 

本戦は飯村さんに、茨城代表で是非やって貰いましょう!!!

 

後、私はコンテストとは関係有りませんが、昔から憧れているヘブンスの小松さんと、ミンクスの岡村さんが審査員をして下さるという事でそちらも、楽しみにしていて。

 

IMG_9291

ずっと大切に保管していたカット本、「ツーセクションのすべて」(ヘブンス小松氏著)を家から引っ張り出してきて・・・。

2001年出版なので、もうかれこれ14年前。私は99年から美容師のキャリアをスタートさせたので、丁度2年目の時。

本当に、なけなしの少ない給料から当時4000円したこの本を買って。

めちゃめちゃ勉強させて頂きました。

その事を、小松氏にお会いした時にどうしても伝えたくて・・・。

 

IMG_6865

14年越しの対面!!!

私の気持ちを真正面から伝えてきました!!

この本があったからこそ、今の私がいます。

あの時に、なけなしの4000円(食費すら削って作った4000円)

あの時、未来の自分に投資して本当に良かった。だって、こうやってなんとか美容師続けられてて、こうやって憧れだった(雲の上の方だった)小松氏に直接お礼が言えたから。

 

IMG_2451

サインも頂いて。

また、これで大切な本がもっと大切な本になりました。

小松さん、本当に有難う御座いました。

IMG_9337

ミンクス岡村さん。

ずっと業界の最前線でトップランナーで在り続けている方。

去年のナプラさんのドリームプラス(武道館)で見せてくれた圧倒的なカットは、私の記憶に鮮明に残っています。

御世辞でも、その岡村さんに「カット、上手ですね!」って言われたのは本当に嬉しかったな。

入賞出来なかった悔しさもその一言で、「ま、次もあるからな!」と思えたほど。

本当、こうやって大御所のお二人とお話出来ただけでも、今日、頑張った甲斐があったです。

岡村さん、本当に有難う御座いました。

 

明日からまた、大好きな美容を一歩一歩やっていきます。

 

 

は~、本当に良い一日でした。

 

最後に恒例の「今週のシネマ」

 

今週は!!

 

 

皆様の中でも、この映画が「自分の心の名作ベスト10」に入る方もいらっしゃるのではないでしょうか!!

「リトルミスサンシャイン」です。

これ、コンテスト前夜に見といて良かった!

(立て続けにロードムービー的な映画をチョイスするって事は、やっぱり俺は旅に出たい心理なのか・・・!)

ずっと見れていなくてようやく見れました。

感動して泣くっていうよりも、笑い泣きって感じのラスト。

 

なかでも、破天荒のおじいちゃんの孫のオリーヴに言った一言が・・・・・

「負け組とは、負ける事を恐れて戦わない人達のことだ。」

息子が失敗した時も、「それでも、チャレンジしたお前を誇りに思う。」って。

 

どんな時でも、どんな状況でも家族って大事ですね。

良い映画でした。

 

 

ではまた!来週!!

アーティザナル横内でした。

 

Categories|NAOKI Yocouchi

ページの上部へ戻る