サービスとは?2

2013.04.14

IMG_0313皆様のお蔭で、4月17日で無事、アーティザナルをオープンして丸2年。そして3年目にチャレンジさせて頂きます。虎視眈々と・・・狙っていきますよ!!アーティザナル横内です。

今回は、前にも書いたサービスとは?の続きです。

よく、お客様にも気付いて頂いているのですが、Yocouchi&Co.には、行動指針という社員が(勿論、社長の私も)守るルールが6つあります。

その中に、身だしなみの項目があります。

端的に言えば、私達はある意味「サービスをする前の準備」を大事に、大切にしています。
例えば、今現在、Yocouchi&Co.には12名の社員が所属しています。
その社員の中に、私も含め喫煙者は一人もいません。これは、美容業界ではかなり珍しいサロンだと思います。ストレスフルな美容の仕事で、かなり喫煙率が高い現状。休みの日に、講習会等に足を運べば、休憩時間ともなると、我先にと喫煙コーナーに走り、もうかなり煙くなる始末。
私が、スタッフを面接する時、まず聞くのが「タバコを吸うか、吸わないか?」
吸う方は、止めて頂くか、入店を諦めて頂くかにします。

なぜなら。

髪は女の命です。その髪を、触れる機会があるのは特定の親しい人だけに限られると思います。いきなり、知らない方に髪の毛を触れられたら、誰でもビックリすると思います。

その大切な髪をタバコ臭い手で、好きでもない男に、親しくもない女性にベタベタ触られたらどうでしょうか?
タバコ臭い息で、接客されたらどうでしょうか?

たかだか、タバコで!?と思われる方も中にはおられるかと思います。
ですが、私達はプロの美容師、プロの接客業なので、そこは拘り続けます。これも、目には見えない私達の「サービス」です。決して、喫煙者の方を否定しているわけじゃありませんからね!

私も25才までガンガン吸っていましたから(笑)
その頃、本当美容師として売れなくて、美容師を辞めるかどうかぐらいまで考えた時に、「タバコぐらい止められなきゃ、自分自身は変わる事が出来ない。」と思い、それから一本も吸っていません。

二つ目に、ここで身だしなみの所です。フェイスブックでよくコメントを受けるのですが、「これは制服なんですか?」みたいな。

そうなんです、うちは制服は今の所ないですがある程度、縛りがあります。
まず、スニーカー禁止。(キレイなものに限りますが、コンバースのオールスターは可)
意外かもしれませんが、スニーカー基本、禁止です。

「足元」をおろそかにする人は、基本、成長出来ないと思うからです。
靴は、自分を支えてくれているものです。しかも「足元」から。
幾ら、服装がバッチリ決まっていても、汚い、ボロボロの手入れのされていないスニーカーを履いていたらどう思われるでしょうか?

逆に、きちんと手入れのされているピカピカの靴を履いている人は、例え服がブランド物でなくとも、品性すら感じられると思います。なぜなら、「足元」を大切にしている方なので。
それを実践していれば、足元から自信を持って、お客様に接客出来ると信じています。

余談ですが、営業の方の靴とか身だしなみを私はよく、見ています(笑)やはり、デキる方はそれなりに「キレイ」です。銀座の老舗のクラブのママさん達も、お客様の「腕周り」と「足元」を必ずチェックすると何かで読んだ記憶があります。やっぱり、大概そこなんですよね。

そして、「服装」。

よく、スタッフに言うのは、仕事とプライベートの服装は分けなさいと言っています。
あえて厳しく書きますがよく、「売れない美容師さん」は勘違いしていますが「美容師なら、なんでも自由にしていい」みたいな考え。まったくもって、自分主体の考えです。見た目で判断されてるのを気づいてない。
例えば、結婚式にボロボロのジーンズを履いて行く方はいますか?絶対にいないと思います。
なぜでしょうか?ここにも一つ、接客の答えがあると思います。
帽子も被らせません、サロンの中では。普通、室内では帽子は脱ぐものなので。勿論、髭も禁止。剃らせます(笑)

ですから、「お客様」主体の、服装を心掛けています。自分が着たい服や、したいファッション等の「自分」主体の服装は、休みに思う存分、楽しめばいいかと。
お客様に少しでも「このファッションセンスじゃ私と合わないだろうな」とか、「なんかこの人の服装嫌だな」とか思われただけで、またリターンさせるのが難しくなります。幾ら、陰で夜中まで練習したり、休みに講習等で勉強してがんばったって、「見た目」で判断されてお客様が付かないとか、悲しすぎるじゃないですか?

なので、身だしなみについてはうるさく言っています。ここもある意味で「サービス」だと思っています。

しかし、特例として月に指名売上で200万達成したスタイリストは、本当に好きな服装で良しとしています。現時点では私だけですが(笑)

まぁ、なんにせよ自分のわがままを通したいのであれば、結果で見せろという事です。これはどんな職場でもそうだと思います。
逆に、結果を出したら謙虚になって行って、もっとキレイ目な服装になると思いますが(笑)

というように、今ご説明した大きく分けて二つ。

「喫煙」と「身だしなみ」。これだけでも統一していくのは大変ですが、私達はサロンオープン時からずっと実践しております。

しかし、ここはお客様には中々伝わりづらいサービスかもしれませんが、間違いなくサロンの価値は格段に上がったと思います。うちには、チャラチャラした感じのスタッフはいませんし(笑)写真をあえてメンズスタッフのみにしてみましたが、みなしっかりした男達ばかり(笑)

うちが、たった2年でここまで来れたのは、この泥臭く、愚直にコツコツと、周りを気にせず、スタッフ全員で行動指針を守って、独自のサロンの価値をそれこそ「足元」から、積み重ねて日々、前進しているからかも知れません。

最後になぜ、ここまでスタッフに口うるさく言うのかと言いますと・・・。

今、30才で売れなくて辞めていく美容師が多いから。

夢を持って、10年頑張った結果、その頑張る方向がずれてて、売れなくて辞めていくなんて悲し過ぎるし、その後の人生も不安になってしまうと思います。

だから、うちのスタッフ達には少しでも「勝率」を上げて、このオーバーストアの熾烈な過当競争にも負けない、「武器」を身に付けて生き残っていって欲しいから。

それぐらいしか、私には出来ませんから。

また長くなりましたが、とにかくこれからもスタッフ一同力を合わせて、日々努力していきます!!

つくば市二の宮の美容室、アーティザナル&ナタリーでした~

Categories|NAOKI Yocouchi

ページの上部へ戻る