テンベアのバックから、オーバカナルの話、そして伝説へ・・・。

2012.03.08

前回の、オーバカナルの話が思いのほか、お客様に反響があって(笑)やっぱり皆さん、オーバカナルにはお世話になっていたんですね~、しみじみ感じました、アーティザナル横内です。

その後の話をすれば・・・・・。

サロンに戻って、オーナーのフランス人(ルネさん)に、バゲットを渡すと、おもむろにパンを切るナイフで、手慣れた手つきでシュッと、食べやすいサイズに切って、冷蔵庫に入っていたチーズやらを小粋に乗せて、オシャレに食べている横で・・・・・。

自分はぺヤング食べてて(爆)

その頃、駆け出しも駆け出しの、アシスタントでめっちゃお金なくって。だって給料14万で家賃7万でしたから(笑)家賃、給料の半分って!!

いや~、その当時は、色々な意味で「差」を感じましたね~。

美容師たる者、食事もオシャレにいかないといけないなって。

ぺヤング食ってる場合じゃないと!!

その後、フランス語でマネージャーとルネさん、話しててその後、言われたのがぺヤング匂うから、もう食べないでって(笑)

確かに、ぺヤング食欲そそる匂いだからね~(笑)
そのまま、接客したらお客様がお腹すいちゃうからね!!

焼きそばだから、急いでかっ込めて良かったんだけど・・・。

その後、赤いキツネが安売りしてて、昼飯にしようとしたんですが、これまた忙しい時は熱くて早く食べれないので、結局、食生活を見直す?良いキッカケになったし、接客に匂いは大事だって事を教えて頂いた出来事だったって話です。

当時の写真、出て来なくてこんな写真になっちゃいましたが・・・・・・。

自分、ガリガリっすね(笑)ほんと、ちゃんと食べれてなかったからな~、食費よりも洋服代にお金消えてたし。

しかも、ロンゲで縛ってますし。ちょっと、なにを目指してたのか分からないですね(笑)

そんな自分でも、今では一端に、美容師させていただいているわけですからね。

恵まれた環境になった今こそ、オーバカナルの話から、あの頃のガムシャラに美容と向き合っていた時を思い出させて頂いたので、これを機にまた貪欲に、美容に向き合っていきます。

最後に上手くまとめさせて頂きました(笑)

つくばの美容室、アーティザナルでした~

Categories|NAOKI Yocouchi

ページの上部へ戻る