握手の意味。

2011.10.21

オカヤマ君、 (Click!) 勝手にロゴ使っちゃいました!ありがとうございます。

アーティザナルも、そうですが前のサロン、はたまたその前のサロンで働いていた頃から、自分は必ず、お客様と帰り際に握手をする習慣が、あります。

初めは、その当時読んでいた、美容の業界紙にとある静岡のサロンの、女の子のスタイリストさんの記事が。

その子が、めちゃくちゃ売れてて。
その子とは、一つしか年も変わらないぐらいなのに、仕事の結果は雲泥の差。

その子の、お客様に対する12か条のルーティンワークの中に、「握手」の項目があって。
その当時、仕事をやってもやっても空回りばかりで、全然結果が出せないで伸び悩んでいた自分に、ちょっと引っかかって。

「握手すれば、お客様が帰ってきてくれるなら、やってみるしかないな!」って。

なので、握手を始めたキッカケは、とにかく売れたいし、結果を出したかったため。
そんな、不純な動機からでした。

そんなこんなで、始めた帰り際の握手。

やり始めると、まぁこれが恥ずかしくて(笑)
こっちが、恥ずかしながら握手しようとするから、お客様もリアクションに困っちゃって(苦笑)
とにかく、始めは超が付くほど、ぎこちなかったと思います(笑)

それでも、だまされたと思って続けていくと・・・・・。

「結局、握手はただ、記憶に残る美容師でありたいって思ってやってたけど、ただ単純に、今日髪を、自分に切らせていただいてありがとうございますって感謝の気持ちを、心を込めてやればいいじゃん」って思ってきて。

そして、また心からお待ちしてますって思いを込めて。

なので今は感謝の気持ちと、またよろしくお願いしますって気持ちを込めて、握手してます。

始めた当初は、ただのパクリだし、同僚からは「なにやってんの、あいつ」ってちょっと冷めた目で、見られてたこの握手の習慣も、もう7~8年続けて、完全に自分の物になってますね(爆)

握手を通して、色々見えてきたこともあるし、お客様の気持ちも感じ取ることが出来るようになりました。

プライベートでも、ガンガン握手するし(笑)
それで、今の自分がいるって思ったら、「握手」一つで人生変わったなって!!
握手一つで、ただの一人の美容師が、数年で店まで持っちゃったって(爆)

営業職の方には、おススメです!!最初は、恥ずかしいかも痴れませんが(笑)

昨日も書きましたが、ここでも!!!

「継続は力なり。」

ではでは、明日も心を込めて握手します!!

Categories|NAOKI Yocouchi

ページの上部へ戻る