準備、準備。

2014.12.16

IMG_0645

 

なんだかんだ、私がブログを書き始めて、前のサロンからだと6年近くになります。

前はほぼ毎日書いていましたが、ここ最近は無理なく、あまり気負わず火曜日に週一で書くルーティンでやり続けています。(こんだけやり続けても、大して面白くなくて済みません(汗))

なんでもそうですが、やり始めるのは簡単だけどもそれを、継続してやり続けるのは難しいですね。しかし、やり続ける事で様々なものを得られます。

 

私の好きな言葉で「継続は力なり」がありますが、それをブラッシュアップさせた・・・

 

「継続しか力にならない。」が私にとって真打な言葉。

 

皆様は、何かずっと続けているものはありますか?

 

拙いこのブログでも、読んで下さってる方々の為にも、なにより自分自身の為にやり続けていこうと思います。アーティザナル横内です。

 

いや~、しかし。

 

先週と同じ事書きますが、いよいよ年末感出て来ましたね。

個人的に週5日のサロンワークと、月曜日と火曜日に集約している打ち合わせ等で12月は23日の火曜日以外は、休みなく動いていて。

 

自分の段取りの悪さがこういう状況を招いてしまってるので致し方ないけども。

月曜日は、午前中に入っていた予定が急にキャンセルになって、その分、新アーティザナルの保健所さんの検査の段取りをつけ、そしてセコムさんと打ち合わせして火災保険とセキュリティーの契約と振込を済ませ・・・・

今日も午前中、息子を病院に連れていった後、AVEDAサービスのO安氏(アーティザナル担当)と新アーティザナルで打ち合わせ。

IMG_6791

AVEDA(アヴェダ)のスタッフの方は、ONの時は常に黒の服でビシッとしてます。

 

IMG_4793

まだ、完成してないけど、O安氏が測ってる棚が、製品棚になります。

新アーティザナルではサロンでついでにシャンプー買うって感じじゃなくて、ちゃんとショップぽい感覚でヘアケア製品をお買い求め頂けるようにかなりしっかりと、ショップスペースを準備しました。(普通に、この棚デカいっしょ!?)

 

IMG_3960

この写真の建物の部分が、レセプションとショップスペースの部分。家具類はほぼ、建築家さんデザインの造作家具。高まるでしょ~!!

自分で言っちゃあ、なんだけども。(かなりセンス良いよ(小声))

 

そこにね、今、倉庫に待機中の私が集めてる珠玉の家具達が入ったら・・・。

たまんないわ~(拘りすぎ。)

 

そのAVEDA、O安氏との打ち合わせ後に個人的にお願いしていたキリムが届いたって事で、シンゴスターへ。 http://shingoster.com/

IMG_9686

ヴィンテージのこのキリム。雑多な感じで置いてあるけども、待合のテーブルの下に敷きたくて。縦3メートル、横1.5メートルの大きなキリム。値段はやっぱりそこそこしますが、そこも妥協出来ないのが私の性。

迷わず、即買付け。Y子さん、わざわざ有難う御座いました!!只今、シンゴスターではとんでもないオーラを放ってる笠間の巨匠の作品が展示販売されてるので(キリムも少々。)気になった方は是非!!

 

そして次は、ひたち野うしくへ、インダストリアルな鉄の什器を買付けに・・・。

IMG_0760

 

最初の写真のアイアンフレームのスツールもここASAYAKEさん http://asayakeweb.exblog.jp/

にて、この写真のフロアスタンドライトとデスクランプを買付け。

全貌はまだ見せれないけども、1920年代のアメリカの鉄のアイテム、凄いオーラです。

これ、さっきのキリムと絡めてさ、そんでラワンをオイルステン仕上げの巨大な本棚でさ~、ソープフィニッシュのオーク材の経年変化したYチェアを、そっと置いてそこでコーヒー飲みながら本読んで・・・・・・・。

仕事になんね~じゃん!!そんな待合のあるサロン!!!(妄想族)

 

IMG_9886

これ、デスクランプなんだけども。新品も良いけど、なんせ新築の建物だからそこに、ポイントでこういったヴィンテージ家具置くとコントラスト出るかな~って。

 

なんでも拘る性分なので、時間と労力とお金は掛かりますが・・・(その方が楽しいですし。)

 

その分、お客様もただ髪を切るだけじゃなく、その空間も楽しんでもらえたらいいなって

せっかくヘアスタイル変えるなら、拘った空間で「~風」とか模倣したものじゃなくて「本物」に囲まれた空間で私も仕事したいから。

もうすぐ皆様にも、お披露目出来ると思うと滾ります。

皆様にも気に入って頂けたら嬉しいな~。

 

12月残りも全力でイキます・・・。

 

つくば市二の宮の美容室アーティザナル&ナタリーでした。

 

 

Categories|NAOKI Yocouchi

ページの上部へ戻る