美容師(接客業)の基本。

2019.11.25

最近読み返している「バンビーノ」。大体10年ちょっと前のイタリアンレストランを題材にした料理マンガで。

これがまた勉強になるんですよ。

うちのスタッフの教科書にしたいぐらい。

 

このシーンは接客担当のスタッフが伝説のサービスマンから伝えられる一言。

 

本当にその通りなんですよね~、私達美容師はそもそも「技術力」が高くないといけない。技術は上手い美容師と下手な美容師だったら皆様はどちらが良いですか?

聞かずとも上手い美容師を選ぶと思います。

ただ、これがまた難しい問題なのですが「ただ上手い」だけじゃお客様は付いてきてくれないんですよ。これがまた美容師の大変なところで!

お客様に自分自身が「もう一度会いたい」と思わせられるか・・・?

これなんですよ。

 

ここで「接客力」という力も試されるわけです。

で、接客の基本って先ほどのワンシーンにも表現されてるように「お客様をどれだけ大切にするか?」なんです。

口だけじゃなく心を込めて大切にする。

 

その技術力と接客力がバランス良く高い美容師が人気のある美容師なんだと思います。

 

技術力はもうとにかく「努力」するしか上手くなれる方法はないです。僕らの技術は「手仕事」なので。その努力を積み重ねる事は容易い事ではないけど、その努力の先に身に着けた技術は誰にも盗まれる事はないし、自分の価値を上げてくれると思います。

で接客力はと言えば。

これは実は超簡単なんです。難しい技術も努力も要りません。接客良くしたいって思ったら今すぐでも変えれます。

 

その答えは・・・・・・。

 

 

是非、サロンにお越しいただいた時にでもお教えします!!www

 

 

「笑顔」がヒントかな~。笑顔を自分の周りに配るって事。

笑顔で仕事すればお客様や周りのスタッフも和やかになりますよ。

 

後はこれだなー。

 

 

って事。

下手な講習やコンサルにお金使うより名作マンガはよっぽど勉強になるし安いです。これは本当におススメ。

 

ただ読んだり、経験するだけじゃなくそこに「気付けるか?」が大事なんだけど。常日頃から心のアンテナは高くしておくのが大事。

そして全てを他人事ではなく「自分事」に捉える事。

 

ボーっとしてたら一年なんてあっという間に終わっちゃうしね。時間は有限ですよ。

 

偉そうに失礼いたしました~。

 

ではまた来週~

 

 

 

 

 

 

Categories|NAOKI Yocouchi

ページの上部へ戻る