賞与。

2019.04.15

私自身、美容師になって20年ほとんど賞与を頂いた事は無いです。

他業種であれば年に2回夏、冬の賞与が一般的?なのではないでしょうか。

 

そもそも美容室経営で賞与ってちゃんと出てるところってあるのかな?勿論、出てる所はあるのでしょうけど9割はちゃんと出ていないでしょうね。

 

うちでは年2回、春と秋に出しています(決算の関係で)

賞与って言ってはいけないぐらいですが・・・・・。(ほとんど寸志)

自分だったら、いつものお給料+ちょっとでも貰えたら絶対テンション上がるので(勿論、自分には出ません)毎年2回は必ず、少しでも出せるようにしています。

今回は半期の目標をみんなのお陰で達成しているので前回の賞与よりも増えています。

 

賞与を出せるって、個人的には経営者の言わば偏差値じゃないな、通信簿みたいなものだと思います。良ければ出せるから。

だって利益出ないと出せないし。経営戦略を立てて、サロンをみんなで運営してそれの答えが合っていれば利益が出る。

 

この8年間、毎月ずっと月次の決算書をうちの財務担当の方と精査して、BS(バランスシート)(貸借対照表)の端から端までを粒さに見て、どこに無駄があるのか、行動計画がまずかったのか?等々、色々な事にアンテナを張り行動する。

めちゃくちゃ細かい作業を続けてきたからお金の流れが今では見えてきました。

 

話は逸れるけど、会社は社員の幸せを創る為に「存続、継続」していかなければなりません。

こことても重要なんですが、「いくら稼いだか?」がじゃなくて「いくら残ったか?」が重要なんです、会社って。

 

だっていくら売り上げが良くたって、それ以上にジャンジャン使ってたら何にも残らないじゃん、むしろマイナス。

売り上げが良く、且つ全てに対してバランスが良ければきちんとお金が残せる。その残った所から「賞与」って出てるし、これからの出店や新しい社員を雇えたりとか次への投資が出来る。この前のブログでも書いたけど、これが残らなかったら「先」のない会社になっちゃうからね。怖いね。

だからさ、社員のみんなにお願いね。

せこいけど、電気の無駄遣いとかカラー剤、パーマ液の無駄とか、備品のボールペンや日々使ってるサロン内の備品を大切にしてね。

その無駄を積み重ねれば、もう+5000円とか1万円とかボーナスに足せるかもだから。後、PayPayの説明も根気良くね!!

よろしく!!

 

後、うちではこの4月(5月支給分から)に基本給のベースUPも行いました。

こうやって出来たのは、勿論みんなの日々の頑張りの結果です。そして毎月、月次の決算から目を逸らさなかったから。

 

ちょっと前にホリエモンが発した「美容室経営者はスライムレベル」ってやつさ、正直に言うとその通りだなって思ったし、変に悔しくもなかった。

だけどもうちは、地方のサロンでしっかり経営させて貰っててさ、だからスライムはスライムでも「はぐれメタル」ぐらいになれると思うよ!

めっちゃレアでそしてほとんど攻撃されてもほとんど避けちゃう。だから死なない。

 

俯瞰して流れの大局を見て、変化に対応しながら変化出来ると思うから。

しっかりとサロンのブランド、付加価値を上げてそしてしっかりと経営していけば、例え黒船が攻めて来ても大丈夫よ、きっとね。

 

俺たちはそれだけの事をやってるし、これからもっと進化していくから。

 

それでさ、進化した先にさ、5年後ぐらいには賞与も最低基本給ぐらい出せるようにしたいよ、俺。

 

みんなの頑張りに報いたいから。その為に自分も日々、勉強して実践して「結果」を出します。

その為にまた、力を貸してね。よろしくお願い致します。

 

ていうか、慢心じゃなくて本当にうちは良いサロンになってきてると思うんだけどな~。あんまりスタッフ募集の問い合わせが来ないのが不思議なんだよな~。俺だったら真っ先に電話してサロン見学に行くんだけどな~。なんでだろ??

そこまで敷居も高くないいんだけどな~

 

と言ってる間に来週に一件、サロン見学のご予約が入ってます。ちょっと迷われてる方は急いだ方が良いかも。迷ってる間に決まっちゃった~なんてのはよくある話なので。美容学生さんも早めに見学来て下さいね。

5月には就職ガイダンスに行かせて貰うし。ライバル増える前にね!!

 

ではまた来週!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Categories|NAOKI Yocouchi

ページの上部へ戻る