TEMBEA(テンベア)のバック。

2012.03.06

今日は、定休日でお休みを頂きました。しっかりと、生まれて初めての確定申告を税理士さんの力を借りて(90%税理士さん任せ)ようやく済ませられる段取りになりました!!なので、少しだけホッとしました、アーティザナル横内です!!

さてさて、この写真の迷彩のトートバックっぽく見えるバックを、シンゴスターの皆様から誕生日プレゼントに頂いちゃいました(笑)

このバックは、持ち手が少し変わってて、パンのバゲットを入れやすくするのに、若干ずれて付いていて。

バゲットと言えば・・・・・・・・・・。

昔、自分が原宿で働いていた頃。

丁度、竹下通りを過ぎて明治通りにぶつかった右側に、パレフランスって古いビルがあったの憶えていますか?

その、一階部分にオーバカナルってカフェと、そこに付随したパン屋さんがあって・・・・・。

美容師の駆け出しの頃、そこでお茶するのがちょっと自分の中で、ステイタスだったんです。
夜とか、その当時付いていたスタイリストの方とミーティングしたり、今考えるとオシャレなとこで、夢語ってたなと(笑)

本当、陳腐な言い方になっちゃうけど、パリのカフェの雰囲気たっぷりていうか(パリ、行ったことないけど(爆))、エスプリ効いていたっていうか、とにかく、今つくばであの頃のオーバカナルっぽい雰囲気のカフェがあったら、間違いなく常連になっちゃうけどね!!

ないなら、アーティザナルでやっちゃいますか!!・・・・まぁ、冗談ですけど!!!

ちょっと、話が脱線しましたが。

その当時働いていたサロンのオーナーが、フランス人でたまにバゲットをオーバカナルに、買いに行かされたんです。まぁ、一番下っ端だったもので、いわゆるパシリです(爆)

その時に、バゲット買うとパン長いから、バゲット専用のオーバカナルの袋が、これまたオシャレで。小脇に抱えてサロンへの帰り道がまた、いつも猫背だったけど、パリの街角を颯爽とあるくパリジャンみたいに、背筋伸ばして、かなりカッコつけて歩いて帰る感じ(笑)ただのパシリなのに(爆)

あの頃は、つくばの田舎から出てきてたもんだから、とにかくオシャレに一生懸命で。本当、原宿もオシャレな人ばっかりで。

なんかね、オーバカナルのバケット持って歩いてるだけで、「めっちゃ俺、シャレてる!」って思わせてくれたもんなぁ、あの頃。

その当時に、このTEMBEAのバックにバゲット入れてたら、スナップされまくりだったろうなぁ・・・・・、なんて妄想させてくれるバックです。

かなり、前置き長くなっちゃいましたけど(爆)

実は、自分TEMBEAのバック、それだけじゃないんです!!

トートも合わせたら、3つ目(笑)

それだけ、シンプルで飽きがこないし、帆布だから汚れたらガシガシ洗えるし、使い込むと良い味でるしで。

本当に使い勝手が良いです!!TEMBEAの商品が欲しい方は、シンゴスター (Click!) さんまで~

ヨウコさん、ユウちゃん、シンゴさん、いつも本当にお世話になっております!!本当にありがとうございました!!

つくば市二の宮の、美容室アーティザナルでした~

Categories|NAOKI Yocouchi

ページの上部へ戻る