20年前。

2019.08.26

たまに自分の美容師のルーツを思い返す時があるんですよね。

自分は当時、夜間部の美容学生で昼間に工事現場でバイトしながら美容学校に通ってました。

朝4時半ぐらいに起きて5時半ぐらいに代々木の事務所に行ってから、その日の現場を言われてそこまで電車で行って仕事して、18時から授業受けて21時に終わって帰る生活を1年ぐらいはしましたかね~。

楽しかったけど、身体的には本当にきつくて早く現場の仕事を辞めたいな~、って思ってた矢先にその年の4月から入社が決まっていたサロンで「だったら、4月までうちでバイトすればいいじゃん。」と願ってもない提案をして頂いて2月からバイトをさせて頂きました。

 

99年っていったら、もう20年前。

私の美容師人生はこのノートから始まったんだな~って思うとずっと捨てられなくて。

当時の写真はほとんど残ってなくて、でもこのノートだけは働くサロンが変わっても、住む場所が変わってもずっと取ってありました。

 

最初の原宿のサロンが決まったのも奇跡みたいなもので。

サロン見学をさせて頂いて、今はほとんどスタッフ募集はしていないって言われていましたがその時に見学を対応して頂いた方のプッシュで面接をして頂ける事になりました。(その後、その女性スタイリストにはマジでしごかれました、今は本当に有り難かったと思ってますが苦笑)

 

で、面接当日も現場のバイトでその日が確か、柏の現場だったかな?代々木の事務所から柏の現場に行ったら、現場に資材の荷物が届かなくて・・・

それでチームのリーダーに「お昼休憩取らないで仕事するので5時には帰らせて下さい!」って伝えて、自分の持ち場を頑張ってやったんだけどやっぱり遅れて。

それで、やっぱり面接時間に遅れたんです、30分ぐらい。

遅れる時の電話する時は生きた心地しなかったな~。

仕事の作業着だし、安全ベルトも巻いた状態で竹下通りを抜けてそのサロンに着いて。勿論、着替えも持ってたんだけど着替える時間もなく。

汚れた格好のままで面接って前代未聞だったと思う。

でも、その必死さが後に奇跡を呼んだんですよね~。

 

始めはちょっと怪訝そうにしていた面接官達。そりゃそうだ、30分以上遅刻したあげくこの格好。

当時の裏原って言ったらね、もう日本のオシャレの総本山。そこにあるサロン。オシャレの代名詞ですわ。美容師ブーム真っ只中だったしね。

しかも、「良い子」がいれば取るってスタンスで基本、募集はしていない、面接まできたのが奇跡みたいなもん。

 

心の中では緊張というか、「終わった。。。」って思いました、開始3分で。

 

で、一人の面接官がこの格好について質問してくれたんです。

「どうして作業着なの?」って。

 

で、「実は・・・・・」って話始めて。

 

夜間の学校に通っていて昼間に現場仕事をしている事。

母子家庭で母親にはお金の面で迷惑を掛けたくない事。

多少の苦労があっても「美容師になる夢」を諦めたくない事。

 

そんな話をもう落ちるのであれば・・・って気持ちで面接官に話ました。

 

まだ19歳だった自分なりに一生懸命に美容師になりたくて、なりたくてって話をして。

 

 

それで見事「合格」しました。

後に聞いたのは、私の前に60人ぐらい応募が来ていたみたいでした。20年前は美容師ブームで本当に大変な盛り上がりでしたからね。

それで通ったのは私一人だったみたいです。(その後、半年後ぐらいに今でも付き合いのある、インパクト強めの同期が入ってきましたが!)

 

まぁ、そこからが本当の闘いでしたけどね~、もうあの頃には戻りたくないですね~www

 

 

最近、有り難い事にサロン見学や面接もちょこちょこやらせて頂いてて、そういえば自分は初めての面接の時はどうだったっけか?って思ってね。

 

自分を棚に上げるつもりはさらさらないけど、まぁ色々思う事は多々あります。

自分は只々、あの時、あの瞬間にチャンスをくれた方々みたいに、本当に「美容を一生懸命にやりたい!」って方にはチャンスを与えてあげたいって思ってます。

そうやって自分もチャンスを与えて頂いてきているので。

 

だから、うちは雇用の条件とか他社さんに比べても凄く良い条件だと思うけど、それだけが目的で来て欲しくないな。

それって働く「土台、基礎」がしっかりしているだけだから。

その上で、自分が一生懸命に「何を」頑張るのかが大切です。夢に向かってね。

 

うちでこういう事を頑張っていきたいって明確にある方は是非、サロン見学に来て下さいね。

そういう方なら、例え募集をその時してなくても、こういうTOPなので「もしかしたら」があるかもです。

一生懸命な方を応援したいから。

 

では、また。

 

vintageフェアもまだまだご予約受け付けてます!!よろしくお願い致します!!!

因みにノートの裏面。

20年前はsupreme好きだったな~、まだ並木橋の所がオープンした頃で今みたいになるとは思わなかったな~。

因みに当時、supremeにも履歴書を出してました爆 当時、ワングラムだったけか、会社名。

見事に落ちましたけど!!

Categories|NAOKI Yocouchi

ページの上部へ戻る