4月17日

2019.04.22

今月17日で弊社は創業丸8年を迎え、9年目に突入致しました。

毎年、4月17日は自分自身の決意を確かめる日でもあります。

これも常日頃から応援して頂いているお客様、関係各社、スタッフやそのご家族のお陰です。本当にいつもお世話になっております。

9年目も変わらず、より皆様にとって良いサロンになれるように努力し続けていきますので、これからもどうぞよろしくお願い致します。

10周年に際しては、今では伝説?のイベントになった「ヨコフェス」を派手に開催予定ですので楽しみにお待ちください!!

 

前にも書いたかもしれませんが、美容業界では「10年続くサロンは5%」という統計が出ています。つまり100軒の新規に出店したサロンが10年後には95軒が閉店するというなんとも超サバイバルな業界なんですね。

うちは後2年持てばなんとかその5%に入れるのでなんとかもがいてでもそっちに入りたい。

 

この1年は前よりももっと真剣にこの先のビジョンを考えています。10年目は次の段階に進む第二創業をするつもりで。

 

なにもそんなに難しい話じゃなくてね、このビジョンは前からずっと言い続けているように会社を存続する目的は「社員とその家族を幸せにする」為にやるだけ。

 

「時間」って本当に平等で、そこは生まれや育った環境や、人種、学歴、立場等関係なくこの地球の全てに対して平等。

他はめっちゃ不平等だけど。

でね、今回はみんなに何が言いたかって話なんだけど、良かれ悪かれ「今がずっと」は続かないって事。

みんな平等に年を取るし、自分のライフステージも年々変わっていけば、それだけ責任も出てくる。

 

ではそれに対してどう対処したら良いかというと、日々みんなが頑張っているように「自分自身」が練習なり勉強なりして「成長」する為の努力を続けなければならないんだよね、これしか自分の人生をより豊かにする方法はないと思う。他の誰かに依存して生きる人生ほど惨めなものはないと思うから。

 

私は経営者として成長しなければならないし、店長クラスは技術者としては勿論、リーダーとして成長しなければならないし、スタイリストは今の現状の技術や知識をよりもっと深めていかなければならないし、アシスタントも夢のスタイリストの為に日々成長しなければならないし、レセプションも日々、どうしたらもっとうちのサロンが良い接客が出来るか考えて行動していかなければならないし、経理もみんなが安心して働けるようにミスなく給料計算やその他の入力をしなければならない。

 

とまぁ、とにかく「成長」しつづけなければ自分の人生をクリエイト出来ないと思う。ちょっと厳しい言い方だけど今の日本の社会のシステムがそうなっちゃってるから。(他にも生きていく方法はあると思うけど)

 

自分自身が成長して、お客様から沢山の応援が得られれば収入や遣り甲斐も変わるし、回りまわってそれが会社の為、地域社会の為になるから、成長するって事は実はめっちゃ良いことずくめ!!

 

で、会社はその社員の頑張りに対してどんな「ステージ」を用意するのか?みんながどうなっても安心して働ける環境にするにはどうしたら良いのか?面白い事を沢山する為にはどう行動したら良いのか??

 

その答えがこの間の決起会でちょっと駆け足だったけど話したビジョンや戦略なんだな。(多分、みんな覚えてないと思うのちょいちょい話していくわ。)

 

だってさ、今は良いけどさ、年齢が上がってきたら多分、自分の売り上げだけで給料もらってくだけだと中々大変になるだろうしさ、もしかしたら親の介護なんかも始まったり、子育てにつまづいたりするかもしれない。

事故って手が動かなくなったり!!!!!病気になってしまうかもしれない。

 

自分は経営者だからあらゆるリスクに対して想定しないといけないからさ、いつも横内さんは暗い話ばっかするなとか思ってるかもしれないけど苦笑

 

俺は、「社員とその家族を幸せ」にしたいから日々仕事してます。

みんなが安心して、夢をもって働き続けれる組織を作る為に。だからみんなは安心して今の仕事に打ち込んで欲しいし、なにより大変だけど、日々楽しんで欲しい。

 

だから変化をする事を恐れずに、変化し続ける事が唯一の生き残る方法だと思ってるから。みんなで成長し続けて、変化し続けよう。

 

長くてまとまりがかけますが、皆さん9年目もよろしくお願い致します。

 

 

俺たちは俺たちなりのやり方で、この美容業界をよりもっと良い業界にする為にやり続けようね。

 

実はお袋の命日でもある4月17日。出来れば見守り続けて頂きたいな。ゆっくり眠ってて欲しいけど笑

 

ではまた来週。

 

 

 

Categories|NAOKI Yocouchi

ページの上部へ戻る